趣味の日記です
by tomha090
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2014年 03月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
稼ぐために必要な情報
at 2014-03-14 15:40
始まりの予感と雨
at 2013-10-12 03:36
明日の安全と評価を求めるために
at 2013-10-12 03:35
アフィリエイトと大人のサイト
at 2013-09-14 04:15
バイアグラの効果
at 2013-09-11 23:50
記事ランキング
画像一覧


始まりの予感と雨

ムーン・ダンサー号が大波に押し上げられ、波を滑り落ちるあいだ、ケイトはペンを握り
しめていた。航海日誌にはほんとうの航海の様子は書かれていない。苦難も秘密も悲しみも、
いま直面している危険についても、いっさい表わされてはいないのだ。それを書きたくても
書くことはできなかった。父の指示ははっきりしていた。事実だけを書け。
不安を書き表わすことはできなかったが、不安でたまらなかった。天候が急変し、気圧が
下がっていた。大きな嵐が近づいていた。コースを変更すれば、貴重な時間を失うことにな
る。父がそのような選択肢を考盧に入れるはずがないのだ。現在ケイトたちの船は二位につ
けている。二位にいるのだから、荒れ狂う海に向かってまつしぐらに進むしかないのだ。風
がヒューヒユーとうなりはじめた。

今夜はたいへんなことになるだろう。みんなすでに緊張大荒れ、三角波、激しい波雨、雷、稲光でピリピリしている

船のあちこちで言い争う声が響く。ケイトはここを去りたかった。妹
たちを家に連れて帰りたかった。だが家はこの外洋のはるか彼方にあるのだった。
「ケイト、上がってきて!」誰かが叫んだ。デッキに上がると、すさまじい嵐に心底ショックを受けた。あまりに激しい雨風に顔の皮
は層さえ剥がれるような気がした。一歩でも進み、帆をおろし、荒天用の船首三角小帆ストー
ムジブに変える手伝いをしなければ、と思った。だが襲い来る大波に目は釘付けだった。波なんどきの高さは四○フィート以上ありそうで、どんどん大きくなっている。いつ何時、あの波がこ
の船を襲うかわかったものではない。こんな状態でどうやれば生き残れるというのだ。もし生き残れなければ、この世界一周レースの真実を誰にも語って聞かせることはできな
い。

「風が吹き荒れ狂う大波のなか、巨大な竜は暗く深い海底へと沈んでいきました。今度また
赤ちゃん竜に近づく船乗りが現われるその日まで、姿を現わすことはないでしょう。おしま
い」


三歳から十歳といった年頃の子どもたちは、彼女の店〈ファンタジア〉の隅に設えた、厚い
ふんわりしたクッションに腰かけている。みんな、週三回ケイトが絵本を読んだり、お話を
語り聞かせる会を楽しみにやってくる。最初のうちこそ、子どもたちはおしゃべりをしたり
そわそわと落ち着かなかったりするが、お話が始まると一心に聞き入る。この催しは書店経
営に特段の経済効果をもたらすわけではないが、それでも彼女にとって、何よりの楽しみと
なっている。

「もう一つお話してよ」ケイトの隣りに座る幼い女の子がねだった。
「もう一つやって」ほかの子どもたちが、声を合わせていった。

ケイトはその声に負けそうになったが、壁の時計に目をやると六時五分前になっており、

金曜の夜である今夜ばかりはぜひとも定刻に店を閉めたかった。今週は忙しい日々が続き、
かいこん週末の旅行者たちの到着に備えて在庫品の開梱をすませておかなくてはならない。「今日は
これでおしまいよ」とケイトはいい、立ち上がった。子どもたちは不満を口にしながらも、
少しずつ店から出ていき、母親たちの何人かは戸口に向かいながら買い物をしていく。
「素敵なお話だったわ」テレサ・ディラントーニはいった。「自作なの、それともどこかで
読んだことがあるの?」

「その両方よ」ケイトはアシスタントにいった。「父が昔よく海底に棲む竜の話を聞かせて
くれたの。一度カリブ海の外側を航海していたとき、海面に火がついたように見えたことが
あった。私はあれが竜なんだ、父のいったことはほんとうだったって思ったわ。でもそれは
りん
結局燐によって発光する藻だとわかったのよ・それでも私たち姉妹は火を噴く竜の話を信じ
たかったわ」
「ロマンティストなのね」
「それが弱みでもあるわね」
「ロマンスといえば」lテレサの頬にえくぼが浮かび、嬉しそうな微笑みに変わった。
l「今日は結婚記念日だから、もう帰らなくちゃ。時間どおりに帰る約束をしたの。なに
しろベビーシッターは二時間しか子どもたちを預かってくれないからね」テレサはカウンタ
ーの後ろの引き出しからバッグを出した。「こんなにたくさん未開梱の箱があるのに、あな
た一人残して帰るのは気が引けちゃうけどね」

「そうはいっても、やっぱり帰るんでしよ」ケイトはテレサの後ろからドアに向かった。
「お行きなさいな。愛するご主人と楽しい夜を過ごしてらっしゃい」
テレサは頬を赤らめた。「ありがとう。結婚生活も八年になり、手のかかる幼子を二人も
抱えていると、自分がいかに幸運かをつい忘れてしまいそうになるわ」
「あなたは幸運なのよ」
「あなただって子どもの扱いはうまいじゃないの。そろそろ結婚を考えてみたら?」
「少しのあいだだから、うまくあしらえるのよ」
「あI、寒い」二人で店の外に出ると、テレサがいい、立ち止まってセーターのジッパーを
引っぱり上げた。「風が出てきたわね」
「南西の風ね」ケイトは無意識にそういった。長い航海で培った感覚は、一二ないし一五ノ
ットの風速値をすでにはじき出していた。「嵐がくるわ。六時には。傘を持っていくのよ」
「あなたの予報は気象予報士より当たるものね」テレサが笑いながらいった。「店にいつま
うわざでもいないように。そのうちあなたには私生活がないのかと、噂されちゃうわよ」
ケイトは友人に向かって、顔をしかめた。「私生活なら、ちゃんとあるわよ」テレサは車
まれに向かいかけており、わざわざ答えを返してこなかった。「素敵な生活がね」たぐい稀なほ
めいびどに風光明媚な土地キャッスルトンに住んでいるだけでも素敵なことではないか。ここはワ
シントン州沿岸の沖合いに位置する、サンフアン諸島として知られる百以上の島々からなる
群島のなかの大きな島である。
[PR]
by tomha090 | 2013-10-12 03:36
<< 稼ぐために必要な情報 明日の安全と評価を求めるために >>